サプリメント・自然食品・オーガニック通販ならアイハーブ!高コスパ高品質で健康志向|勉強アイテム・生活改善②

アイハーブiHerb.com割引コード・紹介コード オススメ勉強道具・受験アイテム・生活改善グッズ

 

ところで、皆さんは「ネット通販サイト」と言えばどこを思い浮かべますか?

 

やっぱAmazonでしょ。だいたい何でもあるし。

楽天かな。ポイントもついてお得。

 

やはりファーストチョイスはアイハーブ(iHerb.comですね。

……アイハーブ?

 

特に高品質・高コスパサプリメント、自然食品、オーガニックコスメ、日用品といったキーワードに興味のある方にはアイハーブが断然オススメです

 

※「紹介コードの割引さえ受けられればOKです」という方はコチラ↓から飛んで下さい。自動的に割引が適用されます。

iHerb.com - ビタミン・サプリメント & 天然健康製品 - iHerb.com
30,000以上のトップクラスでしかも評判の良い、健康的な商品; 配送費の割引や、信じられないほど嬉しい低価格とお客様による紹介プログラム。

 

その品揃えの豊富さとコスパについては実際にサイトを見てもらった方が早い(と言うよりも見ているだけで楽しい)と思いますので、最低限チェックしておくべきポイントに絞って解説します

当シリーズは勉強アイテム・グッズについてあらゆる方面から解説していく予定ですが、アイハーブを選択肢に取り入れるだけでも生活の質(QoL)が飛躍的に向上することと思います。

 

アイハーブは細かな仕様がちょくちょく変更されることがあります。よって、最新の情報とズレている部分があるかも知れませんが、ご了承下さい。(私自身がリピーターですので、気づいた部分は逐一反映します)

 

「日本産は高品質でアメリカ産は怪しい」という固定観念

 

まず前提として考えるべきポイントは、「日本製>アメリカ製」という固定観念を払拭することです。

 

アメリカの厳しい品質管理・cGMPについて

 

アメリカのサプリメント業界と日本との大きな違いはcGMPという厳しい認証制度にあります。(大学教授による非常に細かい解説はコチラ(FOOCOM.NET)

 

cGMPについて要点だけをカンタンに述べると、アメリカではFDAという連邦政府の機関が直々に「原材料の仕入れ段階から最終製品の品質管理に至るまで全て」査察して製造工程を厳しく確認するということです。

 

日本で例えるならば、厚生労働省や消費者庁の実働部隊が工場や倉庫に直接ガサ入れして実地で製造プロセスを調査するようなものです。

成分表記と微妙にズレてるけど許してね(・ω<)」などといったことは事前に査察が入った時点で許されないということでもあります。それも、医薬品ではなくサプリメントなどの健康食品での話です。

(なお、cGMPのcというのは「current」、つまり「最新の規制基準もクリアしています」という意味であり、アメリカで単に「GMP」と言えばcGMPに当たります)

 

実際に例を挙げてみます。

試験勉強・大学受験に臨む方の中にはサプリメントを利用している方も多いかと思います。

そこで、サプリの基本であるマルチビタミン・ミネラルを例にしてみます。

Deva, マルチビタミン&ミネラルサプリメント, 鉄分フリー, ベーガン, 90コーティング錠

アイハーブの商品説明にはわざわざ書いていませんが、メーカーのサイトではGMPの認証を受けていることが明記されています。おまけに、原材料はビーガン(ベジタリアンの究極版)の方にも100%対応しています。

それだけアメリカではGMPの厳しい基準が当たり前であるということであり、現実としてFDAはcGMPに準拠していないサプリメント製品の販売を強制的に差し止めています。事故すら起こしていないにも関わらず販売差し止めです。

 

これだけの基準をクリアしたマルチビタミン・ミネラルが、3ヶ月分で1000円前後という驚異のコストパフォーマンスです。

※マルチビタミンだけでなくミネラルも一通り網羅してこの価格ということです。

でも、『安かろう悪かろう』じゃないの?

だから厳しいGMPの認証がカギになるってことじゃないのかな。

 

ちなみにアイハーブの本体はアマゾンのような商品流通がメインですが、アイハーブ自身もGMP認証を取得しています。加えてEU一般データ保護規則(GDPR)にもいち早く準拠しており、情報管理の意識も高いことが伺えます。

 

これは、「だから日本製は全てアメリカ製に劣っている」というロジックではありません。日本は日本でこだわり抜いている企業もあるはずですが、「日本製だから全て安心」と言う発想はまさしく固定観念でありエビデンスが不足していると言わざるを得ません。
その一方で、アメリカの認証は「最低限」のハードルがケタ違いに高いということです。それでもスタートラインに過ぎず、そこから先のクオリティはまさしく各メーカーの競争になります。

 

アメリカと言えばジャンクフード?逆にオーガニックやバランス感覚も

 

アメリカに対する固定観念を払拭するという点で、もう一つ個人的にどうしても述べたいことがあります。

 

それは、「アメリカの食品=ジャンクフード」というステレオタイプは大間違いという事実です。

もちろんアメリカの一般向けマーケットにはジャンクフードも山ほどあるでしょうが、アイハーブで出品するようなガチ勢は味覚のバランスも非常に優れています

 

正直に言うと完全な主観ですが、このチョコレートは日本の流通品では見つからないレベルの美味さです。

 

Justin's Nut Butter, チョコレート ヘーゼルナッツ バター ブレンドJustin-s-Nut-Butter-Chocolate-Hazelnut-Butter-Blend

これは食パンに塗るのがメインのチョコレートペーストですが、ジャンクフードのイメージとは全くの真逆で、味のバランスが取れた100%自然食品の繊細なペーストです。

ココアを主軸に、ヘーゼルナッツの風味、そして意外にも海水塩の塩味がバランスの一端として利いています。

そして当たり前のように「オーガニック」の文字が乱舞しており、トランス脂肪酸もゼロです。

 

アメリカのチョコレートペーストと言われると暴力的なまでの濃さ・甘さを想像するかも知れませんが、ジャスティンさんのチョコレートは人工甘味料ゼロで、むしろ食パン自体の味次第でペーストの繊細さがスポイルされるレベルです。

 

アイハーブでこうしたペーストに手を出してからというもの、国内のジャム・ペーストを買った記憶がありません

※味覚には個人差や相性がありますので、あくまでもご自身で色々と探してみて下さい。

 

せっかくですのでもう一つご紹介すると、粒がゴロゴロ入ったピーナッツペーストとオーガニック蜂蜜の組み合わせも珠玉のコンボです

ピーナッツの粒がゴロゴロというのも、日本人が想像するよりも遥かに大きな粒が所狭しと入っているレベルです。

Peanut Butter & Co., 昔馴染みのクランチーで100%天然クランチーピーナッツバター、16 oz (454 g)

Y.S. Eco Bee Farms, 100%認定オーガニック生はちみつ, 1.0 lbs (454 g)

 

アイハーブを利用していて率直に思うのは、「アメリカはジャンクフードも自然食品も何でもアリなんだなあ」という感想です。
オーガニックも人工甘味料無添加もコーシャ対応もヴィーガン対応もグルテンフリーもNon-GMO(非遺伝子組換え)も、アイハーブでは当たり前のようにありふれており、個人的にはカルチャーショックを受けました。
※ただし、普通に人工甘味料の入った物も並んでいますので、気にする人は特に商品説明文を読むのが基本になります。

 

日本人スタッフの存在、日本語対応のカスタマーサービス

 

アイハーブのもう一つの強みとして、日本語でカスタマーサービスとやり取りが出来るという点があります。

カスタマーサービス(日本語版)

 

通常の海外サイトでは、何かあれば英語でサポートとやり取りしなければなりません。

私自身、他のサイトにてフル英語でコンタクトを何回も取ったことがありますが、自分自身の感覚と全く違うニュアンスとして伝わらないかヒヤヒヤするものです

 

受験英語とネイティブとのやり取りとはまるで別物です。

 

それに引き換え、アイハーブには日本人のスタッフも在籍しています

iHerbでは、多様性を尊重しています。米国に加え、iHerbのチームメンバーは以下の国々の出身者です
オーストラリア - バングラデシュ - ベラルーシ - ベルギー - ブラジル - カナダ - 中国 - コロンビア - キューバ - エルサルバドル - フランス - ドイツ - グアテマラ - インド - イラン - 日本 - カザフスタン - 韓国 - マレーシア - メキシコ - モロッコ - パナマ - フィリピン - カタール - ロシア - サウジアラビア - ソマリア - シリア - 台湾 - トリニダード・トバゴ - ウクライナ - イギリス - ベトナム

弊社について

つまり、こちらとしては英語力というコストを負わなくて済むといことです。

 

アイハーブの初期設定を画像付きで解説

 

お役立ちアイテムについては個別記事で特集しますので、ここではアイハーブの全般的なアドバイスをご紹介します。

商品の探し方についてはテキトーに触っていれば直感的に分かるため、それ以外の部分でいくつかのポイントをカンタンに説明します。

 

アイハーブの英語表記を日本語に設定変更する方法

 

まず、アイハーブ(iHerb)のサイトがデフォルトで英語設定になっている場合があります。

その際の、日本語表記への設定変更の仕方は下図の通りです。

 

これでインターフェース類は全て日本語になり、金額も日本円で換算されます。

ただし一部の商品説明では英語混じりになっていたりしますが、翻訳の対応が追いついていないだけですので設定ミスではありません。

英語の商品説明だけではどうしても不安な方は、日本語訳されているメジャーどころだけでも品揃えが豊富ですので英語をスルーしてもオッケーです。

 

なお、スマホの場合は言語設定がトップページの最下部、カテゴリやセール一覧はサイドメニューにあります。

 

新規アカウント作成方法、電話番号登録のJP(+81)について

 

カートから注文を進めるか、あるいは自分からアカウントページに入ろうとした場合に、iHerbのログイン画面が出てきます

PC版であれば以下のようなページですが、スマホ版も縦長になるだけでほぼ同じです。

アイハーブ新規アカウント作成方法

 

もしもお手持ちの端末でグーグルかフェイスブックのアカウントをお持ちであれば、タンを押すだけでアイハーブにもログインできます

SNSのアカウントがそのままアイハーブのアカウントとして使えるということです。

 

それ以外の方は、オーソドックスにアカウントを新規作成します。

アイハーブアカウント新規作成、電話番号+81

アカウント登録の際に、電話番号の先頭が「JP(+81)」となっているために戸惑う方も居るかも知れません。

これは国際電話番号の表記です。

一言で言えば、日本国内での頭文字「0」が国のコードとして置き換わっているだけです。

 

つまり、「090-1234-5678」であれば「+81 90-1234-5678」と書けば良いだけです。

 

なお、アカウント自体は18歳以上という条件があります。

よって、未成年の方で何か欲しいものがあるならば、保護者の方にプレゼンすると良いかと思われます。

 

社会人である私からすると、むしろ親御さん世代の方が品揃えのレアさとコスパに驚くかと思います。

 

個人的には、アイハーブ用のアカウントを作らずにグーグルのGmailアカウントでそのままログインしています。パスワード等の管理や入力の手間が省ける上に、Gmailアカウントに2段階認証を設定しておけばセキュリティも強化できるからです。

 

アイハーブ(iHerb)のお得な使い方・ポイントガイド

 

常に特別セールやまとめ買い割引がある、プロモコードも

 

節約志向の方は、特別セールやお試し品を狙うのがオススメです。

アイハーブでは毎週のように何かしらのセールを大盤振る舞いしていますので、その時々に応じて覗いてみるのが良いです

日本ではお目にかかれないものが多数ありますので、見ているだけでも面白いかも知れません。

 

今週のセール特集ページは → コチラ

 

また、まとめ買いで割引されることも多々ありますので、毎回1個ずつバラバラに買うのであればまとめ買いを利用したほうがお得です。(毎回「Aを1個、Bを1個」買うよりも「今回はAを2個、次回はBを2個」と言ったような買い方)

ショッピングカート上でも、「あと○個買えば~」と表示が出ます。

 

もしもプロモコードが公開されていれば、ショッピングカートでコードを入力することで更に割引が追加されます。(「60ドル以上購入で○%オフなど、条件を満たした場合」)

アイハーブのプロモコード確認

プロモコードもセールと同じで急に始まりますので、ザッと目を通しておくことをオススメします。

 

配送料無料と関税が掛かるラインの間を狙う

 

アイハーブでは大体40ドル、日本円に換算して4,000円~5,000円以上買えば配送料無料になります。(配送料が無料になっているかどうかは注文の最終確定の前に確認ができます)

円ドルの為替レートにより微妙に上下しますが、国際便にも関わらず国内の通販と比べてもボーダーラインが低い部類です。

 

その代わり税関の手続きも通るため、国内通販に比べると配達日数はかかります。

とは言え、それでも普通は1週間前後で届きます

 

国際便ですので諸々の事情で左右されますが、最速で4日後に届いた時は驚きました

 

一方、一度の注文で15,500円を超えると関税が掛かることになります。

ここで注意すべきは、紹介コード割引などが適用される「前の」金額が基準になると言うことです。加えて、通関するまでの円ドルレートの変動も影響します。

 

よって、余裕を持って1度の注文で多くとも1万円強までに抑えておいたほうが無難です。

 

個人輸入ゆえに買えないもの、関税に注意

 

アイハーブの使用感自体はAmazon並みに手軽なのですが、法律上は個人輸入という形になります

そのため、税関が通らないものもあります

 

基本的には、購入の可否や制限は商品ページに目立つように書いてあります

 

例えば、次回記事でご紹介する予定のメラトニンサプリのページには赤文字で以下のように書かれています。

日本の税関規制により、メラトニンは一回の御注文につき、1ボトルまでがご購入出来る数量となります。

購入不可の場合も同じようにハッキリと書かれています。

 

また、カートから購入手続きに入る時に忠告が出ることもあるため、その時は諦めて他を探しましょう。

※実際に一部のグラノーラや大豆プロテインが弾かれましたが、注文確定されずに弾かれるためカートから削除するだけで済みます。(ちなみに他のグラノーラは忠告も出ず普通に届きました)

 

税関に引っ掛かるモノは基本的にはアイハーブ側が注文確定する前に止めてくれますが、各商品が通関できるか気になる方は日本人のレビューがないか確認するのが確実です。

例えば先程ご紹介したマルチビタミンとチョコレートは日本語のレビューも多いので大丈夫だろうということです。(何よりも私自身が何度も購入できています)

※ただし、レビューは多くても途中から規制が入って古いレビューしかないケースもあります。

 

通関できるかのチェックに限らず、商品のレビューには全体的に目を通すことをオススメします

 

配送については、詳しくはこちらをご覧ください。

配送 - iHerb.com

ページ下部に関税の注意点がありますので、確認しておくことを推奨します。

特に「砂糖や甘味料」の関税は特殊ですので、購入の際は確認して下さい。※ここで述べているのは砂糖入りの製品ではなく、砂糖や甘味料の「単品」のことです。

 

なお、個人輸入ビジネス(転売)を考えている場合は、個人消費とはコンプライアンス等の問題が変わってきますのでご注意下さい。

自分で使う分には、税関さえ通れば国内通販と何ら変わりません

 

万が一の破損時はすぐに写真を撮って返金対応を要請

 

また、国際便ゆえに配送事故もあり得るようです。

私は幸い2年以上利用していて配送事故はゼロですが、アイハーブでは以下のように返金もキッチリ対応してくれます

返金について
破損商品の場合:
配達時、商品に破損があった場合、まずは商品をお受け取り頂き、その後、下記の佐川急便かヤマト運輸のガイドラインに従ってくださいますようお願い致します。
ガイドライン:
佐川急便: 弊社のメールアドレス japan@iherb.com 宛に、佐川急便のメールアドレス iherbsupport@sagawa-global.comをCCに入れてください。
ヤマト運輸: 弊社のメールアドレス japan@iherb.com 宛に、ヤマト運輸のメールアドレス iherbsupport@yamatoamerica.comをCCに入れてください。
メールしていただく内容:お客様のメールアドレス、ご注文番号、佐川急便或いはヤマト運輸のお問い合わせ番号、破損商品の名前か商品コード、数量、商品の価格、破損の詳細、箱全体を外側から取られた写真、破損商品の証拠写真、合計4枚以上の写真。
税関で没収対象となった商品については、返金いたしかねます。ご了承下さい。 最初の配達を試みてから30日間たってもお客様へ配達出来ないと判断されたとき、破棄の対象となります。

 

なお、国内通販と違って基本的に国際便の空輸で長距離輸送されるため、中身に影響しないような外装のヘコミなどは普通にあります。

ここでいう破損というのは、あくまでも商品の中身自体にダメージがあった場合の話です。

 

決済手段、クレカもペイパルもコンビニ支払いも対応

 

決済手段については、クレジットカードはVISA・マスターカード・JCB・アメックスと一通り対応しています。加えて、ペイパルも使えます

 

個人的に意外なのが、ペイジーコンビニ払いにも対応している点です。アメリカから世界展開しつつも日本独自の決済システムにも個別対応しているということです。

 

ロイヤルティクレジットの期限は60日間

 

最後に、ロイヤルティクレジットの期限が60日間である点に留意した方が良いです。

 

ロイヤルティクレジットというのは、各種割引を適用した上で更に注文確定金額の10%が次回以降の注文で値引きされるというシステムです。日本で言うポイント還元です。

私を含むリピーターであれば、ロイヤルティクレジットでコスパが更にブーストされますので、1~2ヶ月サイクルで利用するのがオススメです。

※期限が近づいたらメールでお知らせが届きます。

 

まとめ・紹介コード割引リンク

 

以上のように、アイハーブは良心的・全世界的かつ高コスパな自然派の通販サイトです。

 

そして、日本ではなかなかお目にかかれない品々で溢れているというのも大きな強みです。

そのため、私の場合は「アイハーブをファーストチョイスにして、アイハーブに無いジャンルのものをアマゾンなどで探す」といった基本方針で進めています。

私のようにサプリマニア・自然志向・倹約家の気がある方はもちろん、各種アレルギーなどで困っている方にとっても非常に重宝することでしょう。

 

最後に、誰でも5%~10%の割引を受けられるリンクをご用意しました。

↓コチラのリンクから飛ぶだけで割引が自動的に適用されます。

iHerb.com - ビタミン・サプリメント & 天然健康製品 - iHerb.com
30,000以上のトップクラスでしかも評判の良い、健康的な商品; 配送費の割引や、信じられないほど嬉しい低価格とお客様による紹介プログラム。

 

※ブックマークに入れる際は、リンク先の「https://jp.iherb.com/」ではなく
https://jp.iherb.com/?rcode=GHZ5033」をURLに設定することで紹介コードが自動的に延長されます。

あるいは当記事をブックマークして頂くのも大歓迎です。もしも不明点等があった場合は、当記事のコメント欄でも分かる範囲でお答えします

 

なお、割引が適用されているかはショッピングカートを見ればわかりますが、不安であればショッピングカートの右上(スマホ版は上の方)にある入力欄に紹介コード「GHZ5033を入力してボタンを押せばOKです。

ショッピングカートに品物を入れたら以下の箇所を確認してみてください

アイハーブ紹介コード確認

また、注文確定前の画面でも割引の適用や配送料がチェックできますので、確定する前に漏れがないか確認しておきましょう。

 

買い物上手になれば生活の質も高まります。それによって自分自身のパフォーマンス向上にもつながっていきます

 

紹介コードの割引の仕組みは、①コードを使った人はデメリット無しで5%~10%の割引が受けられる②コードの紹介者にもデメリット無しでポイント還元される③紹介者側には事務的にポイント額程度しか伝えられず、個人情報は何も伝わりません。それどころかポイント還元額が5%分なのか10%分なのかすら判別できません
よって、単純に新規の方でもリピーターの方でも「使えば得、使わなければ損」という割引制度になっています。(値引き分はアイハーブ側が一方的に負担する形だが、会計的には広告宣伝費・販売促進費と同じ)

 

※勉強アイテム・生活の質を高めるグッズ特集→ 各話リスト

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました